のデリスプリットタン

  • 投稿者 : プロの殺し屋 
  • 2012年11月2日 3:18 AM

ちらりと振り返ったハワードは、ぎょっとしたように手すりをつかんでもう二畦見た。たちまちとかげの目が恐慌をきたした。彼はエスカレーターに飛び乗ると、鞄を振り回して人々を押しのけながらステップを駆け下りていった。「ぼくは階段で行く」風俗店の幹部は非常口へ走った。デリヘル店長はハワードを追いながら拳銃を取り出し、銃口を立てた。「FBIです!」熟女の叫びに、人々は慌てて道を空けた。ハワードの足の速さには驚かされた。http://real-f.net/かどうかは彼は人波を縫い、手荷物カートを迂回して、放り出されたままのペット・キャリアを飛び越えた。旅行者たちを押しのけ、青い髪の小柄な婦人を突き飛ばし、日本人の団体の真ん中を走り抜けた。しきりにデリヘル店長を振り返るその顔は、口を大きく開けて額に汗を光らせている。も壷?少しで追いつくのに、息が続かない。この耳障りな音は換気扇の回る音だ。自分の呼知吸音であるはずがない。職礎の焼けつくような痛みは無視しよう。傷口が開いただけだろうから。ハワードがいきなり止まった。影郊に取られる客室乗務員からカートを奪うと、デリヘル店長に向けて押し出した。スーツケースが散らばった。そのうちの一つがぱっくり開いて、化粧品やら靴やら衣類やらがそこら中にまき散らされた。レースのショーツに足を取られたデリヘル店長がその真っただ中に倒れ込み、膝で化粧品のボトルを粉砕した。 http://real-f.net/でハワードは振り鰯回きざまに笑い、駐車場へ向かった。出口の手前でズック鞄をかかえたとき、とうとうその足がよろめいた。ハワードがドアを押し開けた瞬間、風俗店の幹部が襟首をつかんで振り向かせた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。